キャッシュレス経済、という言葉が広まってきています。

 

キャッシュレス・・・もちろん、「現金決済ではない」という意味。デジタル化の進展と、個人へのスマホ等携帯デバイスの普及により、近年急速に存在感を増してきている決済方法です。

高額な買い物や食事などをするときに、カード決済を行うことは、以前より行われていましたが、現代では、より身近で少額の決済でも、キャッシュレスで行うことが可能です。

 

たとえば、駅の改札を切符なしにスムースに通過できる交通系ICカードも、キャッシュレスな方法のうちのひとつ。ネットのECやオークションなどで買った商品は、かなりの確率でそのままカード決済されます。Pay-Pal等の小口決済サービスも広く使われたりしますね。

 

しかし、わが日本は、世界的にみるとキャッシュレスの浸透度合いがかなり低いと言えるようです。中国の飛躍的なキャッシュレス化は昨今、話題ですが、北欧諸国ではすでに大半の経済活動におけるキャッシュ使用比率が限りなくゼロに近づいているとか。貨幣経済の浸透やインフラの設置が遅れたアフリカでは、一足飛びにモバイル通信の基地局が建ち、貨幣を手にしたことのない人々が、いきなりモバイル決済をしていたりするそうです。日本では、まだ「カード使えません」という断り書きが多いですが、それらキャッシュレス環境の進んだ国々では、逆に「現金お断り」をうたうところが多いそうです。

 

なぜ、広まらないか?ひとつには、日本人の、システムの安全性に対する懸念があります。また、直接キャッシュレス経済とは関係ないのですが、仮想通貨を扱う企業などで、不祥事が続いたことなどへの抵抗感があるかもしれません。その点、日本人ほどナーバスではない外国の場合、現金の代わりに各種のデジタル的なサービスを利用することに心的な抵抗が少なかったともいえます。

 

とはいえ、キャッシュレスが進むのは、21世紀のボーダレス化した世界経済の趨勢です。わたしたちの人生も生活も仕事も、このファクター抜きに考えることは難しくなっていくでしょう。そこで、キャッシュレスというキーワードで、さまざまな事象を考えていきたいと思います。

 
 

最新記事

ECサイトによる意識変化

Tue, 09/12/2017 - 14:53

出かけなくても、買えるもの
 
amazon.com など、ECサイトによるお買い物がすっかり一般化し、お財布を持ってお店に出かけて・・・というような昔ながらのお買い物の回数が、すっかり減ってしまった気がします。

交通系ICカードの普及

Mon, 09/04/2017 - 02:54

高度に進化した交通系ICカード。これも、立派なキャッシュレス・アイテムです。

キャッシュレス医療

Mon, 09/04/2017 - 02:29

キャッシュレス社会の医療保険サービス

 

必要な時にクレジットカードを手早く作るコツ

Fri, 09/01/2017 - 03:35

しかし、まだまだ現金派も根強い!